ロードバイクのメーカー紹介!イタリアの30ブランド①

投稿日:2017年10月1日 更新日:

ロードバイク国別メーカー紹介!イタリアの30ブランドについて4回にわけて紹介したいと思いますヽ(〃v〃)ノ

好きな国から購入するロードバイクを探すときに活用してください(p゚∀゚q)

ちなみにABC順で紹介してます!

それではイタリア編・第1回を・・・


スポンサーリンク

ALAN(アラン)

1972年に創業し、世界初のオールアルミバイクを発表。1976年にはアルミラグ+カーボンパイプのカーボンフレームを発表。

シクロクロスの世界戦では、数多くの勝利をあげています。

ちなみに素材は東レ製。

BASSO(バッソ)

 

1979年創業。地元の企業や大学、研究所と協力しドイツマーケットを重視して開発しています。本当に良いものがわかっているドイツに認められることが、良いロードバイクの証明になる!ってことらしいです。

カッコいい考え方ですね!

BIANCHI(ビアンキ)

1885年にエドワルド・ビアンキさん(当時21歳)が小さな自転車店を開いたのが始まり。

天空を意味する「チェレステカラー」がとっても綺麗です!

マルコ・パンターニさんなど、数々の名選手が乗っていました。

オランダに本拠地を置く自転車競技チーム「チーム・ロットNL・ユンボ」も使用しています!

弱虫ペダルでは、荒北くんが乗ってます。

出典:弱虫ペダル公式

BIXXIS(ビクシーズ)

2015年創業のブランドで、「DE ROSA(デローザ)」創業者ウーゴ・デローザさんの次男ドリアーノ・デローザさんが設立しました。ドリアーノさんは、14歳からお父さんのもとで経験を積み、特にチタンフレームの製作では世界中で有名だそうです。職人さんの手によるハンドメイドバイクは、エンド金具にもオリジナル部品を使用しています。

(情報提供者の方、ありがとうございますヽ(^∀^)ノ )

BOTTECCHIA(ボッテキア)

ツール・ド・フランスで、イタリア人で最初に勝利したオッタビオ・ボッテキアさんの名前を冠したブランド。

100年以上前に誕生した歴史的ブランド。


スポンサーリンク

CARRERA(カレラ)

1989年に元プロ選手のダビデ・ボイファヴァさんとルチアーノ・バラキさんによって「自転車愛好家たちの夢をかなえる」という趣旨のもと設立。

最新のカーボンフレームをサイズオーダー可能!

CASATI(カザーティ)

1920年の創業以来、90年以上にわたり家族経営を続けるブランド。

ハンドメイドならではの高い技術力で、日本ではクロモリステンレスなどが人気ですが、先進のカーボン素材も積極的に取り入れています。

CINELLI(チネリ)

1948年にチーノ・チネリさんによって立ち上げられた名門ブランド。

スーパーコルサなどの名車がある一方、デザインも重視した自転車作りが特徴的。

CIOCC(チョッチ)

1967年にジョバンニ・ペリッツォーリさんによって立ち上げられた。

ブランド名は、創業者のあだ名で「ポーカーフェイス」を意味し、ブランドロゴもトランプの4つのマークで描かれています。

まとめ

いかがでしたか?

今回はイタリア編・第1回ということで、「ALAN」・「BASSO」・「BIANCHI」・「BIXXIS」・「BOTTECCHIA」・「CARRERA」・「CASATI」・「CINELLI」・「CIOCC」の9ブランドを紹介させて頂きました。

次回はイタリア編・第2回ですヾ(*゚∀゚*)ノ


スポンサーリンク

-ロードバイク
-

Copyright© ちびっこギャング(仮) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.