仮想(デジタル)通貨おすすめの取引業者は?金融庁登録業者から紹介!

投稿日:2018年3月14日 更新日:

仮想(デジタル)通貨に興味があるけど、どこの取引業者に登録すればいいの?って方のために、今回は金融庁登録業者から3社を紹介したいと思います!先日NEM(ネム)の不正流出があった、仮想通貨取引高の一、二を争っていたコインチェックは、金融庁の登録許可は下りていませんでした…登録業者だから100%安心という訳ではないんですけど、最低限登録されている取引所の方がいいかと・・・


スポンサーリンク

DMM Bitcoin

まずは、ローラさんがイメージキャラクターを務めるDMM Bitcoin!「コールドストレージによるオフライン保管」・「2段階認証」・「資産の分別管理」・「SSL暗号化通信」など安全・安心のセキュリティ!さらに、24時間・365日、お問い合わせフォームおよびLINEからのお問い合わせにも対応。手数料も、取引手数料・口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料・クイック入金サービス手数料など、さまざまな手数料が無料になっています。

DMM Bitcoinの取扱通貨は?

ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・リップル(XRP)・イーサクラシック(ETC)・ライトコイン(LTC)・ビットコインキャッシュ(BCC・BCH)の7種類の仮想通貨が取引出来ます!

 

GMOコイン


続いての紹介は、GMOインターネットグループのGMOコイン!「顧客資産の分別管理」・「コールドウォレット管理とマルチシグ対応」・「2段階認証を必須化」・「システムの24時間365日監視」などのセキュリティ対策を実施しています!

GMOコインの取扱通貨は?

ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)・ライトコイン(LTC)・ビットコインキャッシュ(BCC・BCH)の5種類の仮想通貨が取引出来ます!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)


今回最後に紹介するのは、QUOINEX(コインエクスチェンジ)!「100%コールドウォレットで管理」・「マルチシグ対応」・「出金依頼から完了まで4段階のステップを設置」などの徹底したセキュリティ対策!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の取扱通貨は?

ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)・ビットコインキャッシュ(BCC・BCH)・キャッシュ(QASH)・ネム(XEM)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラシック(ETC)の8種類の仮想通貨が取引出来ます!

仮想(デジタル)通貨は何を買えばいいの!?

リップル(XRP)がおすすめなんですけど、詳しくは上の加藤将太さんのサイトで説明されています!

89ページにも及ぶPDFや、銘柄の分析ファイルなども公開されているので、仮想(デジタル)通貨って何?って方は、ぜひ見てください!

まとめ

今回は、仮想(デジタル)通貨の取引業者を金融庁登録業者から、

DMM Bitcoin

GMOコイン

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

の3社を紹介させていただきました!

2018/3/10現在、金融庁に登録されている業者は16社あるので、また次の機会に紹介したいと思います。

最後までみて頂いて、ありがとうございましたヾ(*゚∀゚*)ノ


スポンサーリンク

-仮想通貨
-

Copyright© ちびっこギャング(仮) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.